kaityo

経営理念

企業は利潤の追求を目的とするものではない
企業に従事する従業員の幸福と社会公共の福祉に
貢献することを以って目的とする
利潤の追求はこの目的を果たすための手段である

ネッツトヨタ栃木株式会社
取締役会長
守川 正博
syatyo

社長メッセージ

時代に応える経営を

明確な経営目標・経営方針・経営計画を打ち立て、全社員経営参加体制の推進により、働きがいのある職場を確立し、創業以来の「経営理念」である全社員のより豊かな生活の確保と社会公共の福祉に貢献することを、車の販売とアフターサービスを通して実現したい。その為には、お客さま第一主義に基づく営業活動の積極的展開と明るく働きがいのある職場風土の確立による経営体質のより一層の強化をはかり、あらゆる環境の変化に対応し得る企業づくりを目指したい。


必要とされる企業へ!

常に変化する環境の中で、存続できる企業はお客さま、世の中に必要とされる企業です。確固たる経営理念の基、品質の高い仕事、お客さまに価値のある商品、サービス、情報を提供し続ける事を目指したい。その実現には全社員の高い参画意識、旺盛な活力が最も重要です。参画意識を高め、活力を引き出すマネジメント、仕組みづくりに最大限努力をします。“人を大切にする企業・活き活きと働ける企業”をつくりあげたい。


ネッツトヨタ栃木株式会社
取締役社長
関島 誠一

数字で見る ネッツトヨタ栃木株式会社

'.$imgobj_pc['alt'].'
年間売上高
昭和43年に11億2千万円だった年間売上高は社員数の増大、取扱車種の増加に伴い、平成29年3月期の売り上げでは256億円となり、1年1年着実に成長を続けています。
'.$imgobj_pc['alt'].'
年間販売台数
昭和43年に1店舗1.121台であった販売台数は、店舗数の拡大に合わせ、年々増え続け、平成2年3月期では過去最高の9,888台の販売を記録しました。
'.$imgobj_pc['alt'].'
従業員数
昭和42年に94名でスタートした当社は年々仲間が増えていき、平成29年3月では総勢492人の大所帯になっています。
1967年(昭和42年)10月 トヨタオート栃木株式会社設立。
1968年(昭和43年)2月 トヨタオート栃木株式会社営業開始。
1968年(昭和43年)3月 トヨタオート栃木株式会社本社屋上棟式。
1998年(平成10年)2月 ジェームス宇都宮みゆきが原店オープン
1998年(平成10年)8 社名をネッツトヨタ栃木株式会社に変更。
2000年(平成12年)4月 第23回全国ネッツサービス技術コンクールBP部門優勝。
2001年(平成13年)10月 本社移転。
2004年(平成16年)5月 ネッツ店とビスタ店が融合した新ネッツ店発足。
2004年(平成16年)10月 BPセンター小山オープン。
2004年(平成16年)11月 小山北店をカーロッツ小山に変更しオープン。
2005年(平成17年)8月 「レクサス」開業に合わせ、レクサス小山をオープン。
2005年(平成17年)9月 総合物流センターを移転新築。
2007年(平成19年)4月 第25回全国ネッツサービス技術コンクールで故障診断競技優勝、メンテナンス競技準優勝。
2011年(平成23年)1月 DUO宇都宮をフォルクスワーゲンサザン宇都宮に変更。
2011年(平成23年)10月 第27回全国ネッツサービス技術コンクール メンテナンス競技準第3位。
2013年(平成25年)3月 第1回みんつくパーティーにて2020年ビジョン発表。
2013年(平成25年)9月 新人事制度導入。本社移転
2014年(平成26年)12月 第1回社内駅伝大会開催。
2016年(平成28年)5月 第3回ブリウスカッブ全国大会で全国2位。
2017年(平成29年)4月 創立50周年記念ハワイ旅行。