採用情報TOP

代表者からのメッセージ

先輩社員からのひとこと

仕事紹介(社員のある一日)

研修制度

各種制度・取り組み

採用カレンダー

募集要項

MESSAGE
senpaishain1

寺内 俊裕
営業総合職(2016年入社) 足利トンネル通り店勤務

-ネッツトヨタ栃木に入社した理由は?
就職活動の中で店舗見学へ行った際に対応してくれたスタッフがとても熱心な方で、お客様に対する思いや仕事に向き合う姿勢など親身になってお話してくれました。私もこの方のようなスタッフになりたい!同じ環境で仕事がしたい!!と強く思い、ネッツトヨタ栃木を選びました。

-営業の仕事についての考え
お客様との絆づくりこそ、大切な仕事のひとつだと思います。信頼は一朝一夕でできるものではありません。お客様の視点でものごとを考え、お客様の声に耳を傾け、時間をかけて少しずつ築いていくものです。私自身は社歴が浅いですが、お客様にとってはカーライフのプロでなくてはいけません。先輩スタッフのようにカーライフにまつわる全てを任せていただけるスタッフになれるよう努力していきたいです。

-今後の目標は?
お客様からより頼りにされるスタッフになりたいです。社会環境は著しく変化をしており、お客様のニーズも
多様化しています。お客様にとって最適な1台をご提案できるスタッフになることが目標です。また、私たち一人ひとりがネッツトヨタ栃木の看板を背負っていること、常に周りからどう見えているか自覚を持ち、向上心を忘れずにお客様と信頼関係を築いていきたいです。

-ネッツトヨタ栃木の強みとは?
教育制度がしっかりと確立しているところです。入社後に社会人として、ネッツトヨタ栃木の一員として躾(しつけ)とマナーの教育を行います。特に挨拶、お辞儀の姿勢、身だしなみについて重点的に指導をされます。
これらは印象を決めるポイントであり、一度ついてしまったものは中々払拭できません。そして、お客様とのお付き合いや評価にも影響していきます。また、配属後は新人を対象としたフォロー研修、若手からベテランを対象としたカリキュラムなど会社全体でバックアップしています。
senpaishain3

礒 翔平
整備職(2016年入社) カーロッツ小山勤務

-ネッツトヨタ栃木に入社した理由は?
整備専門学校に在学中、ネッツトヨタ栃木で洗車のアルバイトをやっていました。その際、店舗の方々から仕事のことや試験対策など休憩時間に教えてもらいました。熱心に指導してくれる様子やいきいきと働いている姿を見ているうちに私もここで働きたいと思いました。また、説明会でお話を伺った際、社員教育が充実しているところにも魅力を感じました。

-整備の仕事についての考え
自動車の整備はただ直せばいいというものではありません。お客様のカーライフを充実させ、安心安全を提供する責任感のある仕事だと思います。車や機械の知識あるなしに関わらず、お客様に分かりやすい説明やアドバイスをさせたていただくのも重要な仕事です。

-今後の目標は?
お客様からより信頼される整備士になりたいです。トヨタ自体がお客様から信頼されていると思うので、その信頼を裏切らないようミスなく、正確な整備を心掛けています。また、技術は日々進化しています。新技術に対応するための店舗内講習や集合研修の機会もあるので貪欲に吸収していきたいです。

●仕事での嬉しかったことや失敗談は?
店舗に配属されてまだ日が浅い頃、はじめての点検説明は緊張からたどたどしくなってしまったことを覚えています。先日、その時にお会いしたお客様に説明をさせていただきました。お客様から「接客が上手になったね」とお褒めいただき、自分自身が成長していると実感できたので大変嬉しくなりました。
senapishain4

高橋 麻衣
事務スタッフ(2012年入社) 宇都宮ゆいの杜店勤務

-ネッツトヨタ栃木に入社した理由は?
合同説明会の時、ネッツトヨタ栃木の説明を大勢の学生と共に聞きました。あくる日の合同説明会でお会いした時、採用担当の方から「今日もいい笑顔だね」「業界は絞れた?」など声を掛けてくれました。何度かそういった機会があり、❝私のことを覚えていてくれた❞という嬉しさと採用担当の方の人柄や社風に温かみを感じて入社を決めました。


-事務の仕事についての考え
事務と聞くと、裏方や事務所でずっとパソコンと向き合っているイメージをされるかもしれません。ネッツトヨタ栃木の事務の仕事は来店されたお客様のお出迎えやドリンクサービス、受付、予約などです。お客様が店内で快適にお待ちいただけるよう常におもてなしを意識しています。パソコンスキルを上げながら、接客応対スキルも磨くことのできる素敵な仕事だと思います。

-仕事での嬉しかったことや失敗談は?
お客様にお伝えしたいことを上手く伝えらずに困らせてしまったり、気遣いや目配りが行き届かなかったりと失敗することもありました。新店舗のオープニングスタッフとして異動をしたのですが、つい最近お客様から「真岡店にいたよね?」「知っている人がいると安心するよ」とお声掛けいただいた時は嬉しい気持ちになりました。